1. IIDA top >
  2. from IIDA Japan Chapter >
  3. from President

from IIDA Japan Chapter

from President

From President(2018.2.1)

暦の上では春がやってくる2月。ですが、まだまだ厳しい寒さが続き、インフルエンザも流行る季節ですが皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

1月は今年最初の勉強会、セミナー、ボードミーティングと続き、IIDAの活動も勢いよくスタートしました。10月のオランダ+フランダースデザイン視察旅行に向けての準備もいよいよ本格的に始まります。私にとっては初めてのオランダ。オランダといえばチューリップ、風車、レンブラントとフェルメールなど伝統的なもののイメージしかありませんでしたが、勉強会を通して斬新で刺激的なデザインのある国だということを知り、早く現地に行ってみたい!と今から心待ちにしております。

パリのMaison&Objectに視察に行ったメンバーはオランダの会社のブースを同時通訳で視察することができ、参加者の反響も「ただ見て回るのとはやはり全然違って興味深く大変良かった」との感想をいただいたとのことです。

3月には、永きにわたって世界中のインテリア・デザイン・アート関連の展示会を取材されている佐戸川和久氏を講師に迎えて、オランダ+フランダース デザイン勉強会 第4回【インテリア・プロダクト編】を開催いたします。大変貴重なお話を聞ける機会となりそうですので、ぜひお見逃しなく!です。
→詳しくは「オランダ+フランダース デザイン勉強会 第4回」をご覧ください。

「Maison & Object ・Deco Off in Paris」報告会では、いち早く現地の様子と今年のトレンド予測をたくさんの写真とともに紹介していただきました。1時間半という限られた時間の中でお仕事にも大変役立つ、盛りだくさんの貴重な内容をお聞きすることができました。
→詳しくは「活動報告」をご覧ください。

ボードメンバーも忙しい仕事の合間を縫って、勉強会の他にも様々な企画を検討中です。決まり次第情報を上げていきますので、どうぞお楽しみに!

藁谷美紀
Japan Chapter President

From President(2018.1.1)

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって幸多き一年になりますようお祈り申し上げます。

2018年は平成30年です。1989年1月8日から始まった平成も今年で30年…IT関連では携帯電話はスマートフォンが主流になり、iPadなどのタブレットも生まれ、様々なものがデジタル化され、今では生活になくてはならない便利なものが多数あります。最近では「AI」や「VR」などの技術も進み、昔の映画で見ていた「未来」の姿が現実になろうとしています。よくよく考えると本当に凄いことですね!平成の年号も来年までになりますが、次の時代は一体どんな景色が見えるのでしょうか。取り残されないようにまだまだ頑張らねば!と思います。

昨年は神楽坂のビストロ『maison de la Bourgogne/メゾン ド ラ ブルゴーニュ』でアットホームなクリスマスパーティーが開催されました。美味しいお食事にプチゲームなど、皆様と楽しいひと時を過ごすことができました。ご参加いただきありがとうございました。
→詳しくは「活動報告」をご覧ください。

2018年はオランダ+フランダース デザイン勉強会 第3回「Maison & Objet 視察編」からスタートです。こちらはMaison & Objetに視察に行くメンバー同士で現地で集まり、一緒に最新のオランダ+フランダース(ベルギー)の家具や内装材を視察しよう!という企画です。
→詳しくは「オランダ+フランダース デザイン勉強会 第3回」をご覧ください。

また、1月にフランス・パリで開催されるインテリアとデザイン関連見本市「Maison&Object」とファブリックブランドの新作発表会「DecoOff in Paris」の情報をいち早くお届けする報告会の開催を予定しております。
→詳しくは「Maison & Object ・Deco Off in Paris」報告会をご覧ください。

2018年もメンバーの皆様と一緒に楽しめる企画を考えていきたいと思います。 ご意見等ぜひお寄せくださいませ。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

藁谷美紀
Japan Chapter President

ページ上部に戻る