1. IIDA top >
  2. from IIDA Japan Chapter >
  3. from President

from IIDA Japan Chapter

from President

From President(2018.4.1)

桜の季節がやってきました。寒さで縮こまっていた体も暖かさで徐々に緩んできました。同時に花粉で鼻も緩み、マスクとティッシュが手放せない今日この頃です。 仕事では新年度が始まり、昨年から取り組んでいた「VR」への取り組みも本格的にスタートする予定です。VR(Virtual Reality/バーチャルリアリティの略称)はヘッドマウントディズプレーというゴーグル型のデバイスを装着してPCで作成した仮想的な世界をあたかも現実世界のように体感できる技術で、ゲーム業界に止まらず不動産、小売、ブライダル、医療や教育など様々な分野に広がり活用が進んでいます。建築・インテリアの分野では3DCGで作成した空間をリアルスケールで体感することができ、クライアントへのプレゼンテーションの他、デザイナー自身がプランチェックやシミュレーションに活用することができます。会員皆でデザインした空間をVRで体験してもらうイベントが将来的にできるといいな〜など、新しい野心も芽生えたりしております…!

IIDA日本支部では、1年がかりで準備を進めているオランダ+フランダースへ視察に向けての「オランダ+フランダース デザイン勉強会」も第4回を迎え、3月に丸の内にあるハーマンミラーストアにて佐戸川和久氏を講師にお迎えし、インテリア・プロダクト編が開催されました。非常に盛り上がったイベントになったとのこと。残念なことに自分は仕事の都合で参加がすることができませんでしたが、参加者から漏れ聞こえてくる話ではかなりグレードアップしたセミナーになったとのこと。→詳しくは「活動報告」をご覧ください。

今後のイベントも盛り上げて行けるよう、ボードメンバーの皆さんとも協力して進めていきたいと思います。会員の皆様もぜひご参加くださいませ。宜しくお願い致します!

藁谷美紀
Japan Chapter President

From President(2018.3.1)

熱戦が繰り広げられていた平昌オリンピックも日本選手団が史上最多のメダルを獲得して閉幕しました。目標に向かって日々積み重ねてきた努力が実った結果だと思いますが、本番に弱い自分としては「その時」に「全力を出し切る」、「本領を発揮する」ということはとても難しいことだと思っているので、選手達の自信と強い精神力には本当に憧れてしまいます。少しでも理想に近づけるよう、まだまだ鍛錬が必要だな〜と思う今日この頃です。

IIDA日本支部では、世界中からも注目を浴びているコンセプチュアルで斬新なダッチデザインを現地で体感しよう!ということで今年の10月にいよいよオランダ+フランダースへ視察に行きます。昨年から始まった「オランダ+フランダース デザイン勉強会」も第4回を迎えました。建築編・ファッション編・Maison&Object視察編に続き、インテリア・プロダクト編です。IIDA企業メンバーであるハーマンミラージャパン株式会社の丸の内にあるハーマンミラーストアにて3/15(木)に開催いたします。講師は世界的に最先端のデザインアート・家具・インテリアの展示会を視察・取材をされている佐戸川和久氏です。なにやらドキドキワクワクなお話が聞けそうとのこと…!大変貴重なお話を聞ける機会ですので、ぜひご参加ください。
→詳しくは「オランダ+フランダース デザイン勉強会 第4回」をご覧ください。

現地ツアーの企画も進行中です。10月に開催される「ダッチデザインウィーク」に合わせてのツアーを検討中。ユニークでクールなデザインで知られるオランダ最大のデザインイベントで、プロダクトだけでなく、環境、グラフィックアート、ファッションなど多岐にわたるデザイン作品が展示されるそうです。楽しみですね!

他にもデジタルセミナーや見学会などを企画中です。決まり次第情報を上げていきますので、どうぞそちらもお楽しみにしてください。

藁谷美紀
Japan Chapter President

From President(2018.2.1)

暦の上では春がやってくる2月。ですが、まだまだ厳しい寒さが続き、インフルエンザも流行る季節ですが皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

1月は今年最初の勉強会、セミナー、ボードミーティングと続き、IIDAの活動も勢いよくスタートしました。10月のオランダ+フランダースデザイン視察旅行に向けての準備もいよいよ本格的に始まります。私にとっては初めてのオランダ。オランダといえばチューリップ、風車、レンブラントとフェルメールなど伝統的なもののイメージしかありませんでしたが、勉強会を通して斬新で刺激的なデザインのある国だということを知り、早く現地に行ってみたい!と今から心待ちにしております。

パリのMaison&Objectに視察に行ったメンバーはオランダの会社のブースを同時通訳で視察することができ、参加者の反響も「ただ見て回るのとはやはり全然違って興味深く大変良かった」との感想をいただいたとのことです。

3月には、永きにわたって世界中のインテリア・デザイン・アート関連の展示会を取材されている佐戸川和久氏を講師に迎えて、オランダ+フランダース デザイン勉強会 第4回【インテリア・プロダクト編】を開催いたします。大変貴重なお話を聞ける機会となりそうですので、ぜひお見逃しなく!です。
→詳しくは「オランダ+フランダース デザイン勉強会 第4回」をご覧ください。

「Maison & Object ・Deco Off in Paris」報告会では、いち早く現地の様子と今年のトレンド予測をたくさんの写真とともに紹介していただきました。1時間半という限られた時間の中でお仕事にも大変役立つ、盛りだくさんの貴重な内容をお聞きすることができました。
→詳しくは「活動報告」をご覧ください。

ボードメンバーも忙しい仕事の合間を縫って、勉強会の他にも様々な企画を検討中です。決まり次第情報を上げていきますので、どうぞお楽しみに!

藁谷美紀
Japan Chapter President

From President(2018.1.1)

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって幸多き一年になりますようお祈り申し上げます。

2018年は平成30年です。1989年1月8日から始まった平成も今年で30年…IT関連では携帯電話はスマートフォンが主流になり、iPadなどのタブレットも生まれ、様々なものがデジタル化され、今では生活になくてはならない便利なものが多数あります。最近では「AI」や「VR」などの技術も進み、昔の映画で見ていた「未来」の姿が現実になろうとしています。よくよく考えると本当に凄いことですね!平成の年号も来年までになりますが、次の時代は一体どんな景色が見えるのでしょうか。取り残されないようにまだまだ頑張らねば!と思います。

昨年は神楽坂のビストロ『maison de la Bourgogne/メゾン ド ラ ブルゴーニュ』でアットホームなクリスマスパーティーが開催されました。美味しいお食事にプチゲームなど、皆様と楽しいひと時を過ごすことができました。ご参加いただきありがとうございました。
→詳しくは「活動報告」をご覧ください。

2018年はオランダ+フランダース デザイン勉強会 第3回「Maison & Objet 視察編」からスタートです。こちらはMaison & Objetに視察に行くメンバー同士で現地で集まり、一緒に最新のオランダ+フランダース(ベルギー)の家具や内装材を視察しよう!という企画です。
→詳しくは「オランダ+フランダース デザイン勉強会 第3回」をご覧ください。

また、1月にフランス・パリで開催されるインテリアとデザイン関連見本市「Maison&Object」とファブリックブランドの新作発表会「DecoOff in Paris」の情報をいち早くお届けする報告会の開催を予定しております。
→詳しくは「Maison & Object ・Deco Off in Paris」報告会をご覧ください。

2018年もメンバーの皆様と一緒に楽しめる企画を考えていきたいと思います。 ご意見等ぜひお寄せくださいませ。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

藁谷美紀
Japan Chapter President

ページ上部に戻る