1. IIDA top >
  2. from IIDA Japan Chapter >
  3. from President

from IIDA Japan Chapter

from President

From President(2020.2.1)

2020年の1月は皆様どんな風に過ごされましたか?
私は1月の約半分をヨーロッパ視察で留守にしておりました。
今年も沢山のメゾンを訪ね取材しましたので、ご興味のある方は2月13日開催の「2人のトレンド分析者が解説する2020-21年のインテリア」海外見本市に見るインテリア最新報告セミナーにいらしてください。
今年は特別企画で、同じくIIDAメンバーの高田真由美さんとそれぞれの視点で最新インテリアを解説いたします。お楽しみに!
他にも3月頭には株式会社太陽様の新作壁紙見本帳の展示発表があります。ここでは「NIPPON DESIGN 壁紙アワード2019」大賞受賞作も紹介されます。是非こちらもお見逃しなく!

【IIDA Japan Chapter Forum 2020 ご案内】

▪️2020年 2/13(木)テシードにて
「2人のトレンド分析者が解説する2020-21年のインテリア」海外見本市に見るインテリア最新報告セミナー
https://www.iida-japan.jp/event/2019/event201912.html

▪️2020年 3/3〜3/6「JAPAN SHOP 2020」株式会社太陽ブース内(JS2176)にて
「NIPPON DESIGN 壁紙アワード2019」大賞受賞作 コーナー出展
「NIPPON DESIGN 壁紙アワード2019」特設サイト
https://nippon-design.iida-japan.jp/results.html

それからIIDA Japan Chapterも参画することが決まったIDMの全体会議に1月27日、藁谷さんと高桑さんと3人で参加してきました。
3月3日から開催のJAPAN SHOPではIDMの展示も大きく行われます。3月4日には同会場にて交流会も開催されます。IIDA Japan Chapterのメンバーの皆様もぜひご参加ください。

IDMオフィシャルページ https://idm-official.org

しかし、2020年1月は様々な問題や軋轢が露呈する月だったように思います。
視察したフランクフルトでは移民問題や経済問題などの暗い影がハイムテキスタイルの展示会場やその周辺にも及び、残念ながら以前の様な活気が見られませんでした。
パリでは昨年に引き続き、黄色いベスト運動が継続。且つそれに加えて交通機関の労組のストが拡大、継続して市民生活にも大きな影響が出ていました。
そして、帰国早々直面した新型コロナウイルス問題。

なんだか悪い話ばかりですが、そんな中改めて思ったのは、スマホをはじめとする情報ツールの劇的な進化がもたらす情報共有力の変化です。
5〜6年前だったら、フランス語を解しない私は、ストが市内各所で行われていたパリで地下鉄にもバスにも乗れず右往左往していたことでしょう。
しかし、今は違います。スマホを開けば日本語で多くの情報をリアルタイムで入手出来ます。Google mapを使うと運休、減便情報とリンクした路線図が表示され、最適で確実な移動ルートを検索。移動に困ることはほとんどありませんでした。(減便で例年よりホームや停留所で少し待たされることはありましたが)
おかげで少し早めにパリ入りした私は、パリ市民と同じような生活体験を満喫できました。
あるバスの停留所では満員のバスの中で地元の人々が共に助け合い、譲り合う場面に遭遇。重い荷物を持っていた私も地元の皆さんが声を掛け合いフォローしてくれました。
小さなチョコレートショップでは英語がなかなか通じなかったので、ポケトークを使ってフランス語で会話。その利便性とユニークな機能に笑いながら会話を楽しみ、有意義なローカルネタを教えてもらいました。
様々な要因で難しいことに直面する世界情勢ですが、情報ツールの進化で即時性や共有性は確実に増しています。あとは曖昧な情報をいかに選別してフェイク情報に惑わされないようにするかですね。コミュニケーションの壁が確実に低くなっていることを実感できる2週間でした。
そうそう、出発前にネットで予約したrestaurant KEIやFondation Louis Vuittonで開催されたCharlotte Perriand展も大満足。これもスマホで簡単に事前予約できるからこその利便性ですね。restaurant KEIはつい先日なんと日本人シェフ初めての3つ星獲得!(in フランス)。ニュースの前に行けてよかったです。

細井絵理子
Japan Chapter President

From President(2020.1.6)

【新しい年を迎えて】

新年あけましておめでとうございます。干支が一巡し、新たなスタートとなる子年が始まりました。

今年のお正月は少々感慨深いものがありました。
ちょうど24年前の子年の正月、私はインテリアスクールの課題に取り組んでいました。
あれから24年。子供の頃、日記も三日坊主でなかなか続かなかった私が、人生の半分の時間をインテリアと共に過ごしてきたのです。こんなに長く続くとは。全て自分の手でデザインし形あるものを残したい。と前職であるファッション雑誌の編集者を辞して、学び直していた頃の自分を思い出しました。
子年を迎え、これからの12年、24年をどう過ごすのか。改めて考えるきっかけになったように思います。

IIDA Japan ChapterとしてもIIDAメンバーの皆様にとっても新たなるステージへと向かう飛躍の一年になりますよう心より願っております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【2020年のIIDAの企画】

2020年の最初のイベントは、1月のヨーロッパの展示会視察を経て行う最新トレンドセミナーです。(→ご案内はこちら
2月13日にIIDAメンバーの高田真由美さんと私の2人で最新レポートをお届けします。私達は約20年に渡り毎年ヨーロッパでの展示会を視察、取材しています。業界のトレンドセッター達が今年は何に注目し、何を表現しているのか。とれたての情報を高田さんと共にお伝えしますので、是非ご出席ください。
そして、今年3月には株式会社太陽様により、昨年実施したNIPPON DESIGN壁紙アワードの受賞作が製品化されます。新しい壁紙の見本帳とNIPPON DESIGN壁紙アワードの受賞作は、3月3日から6日まで東京ビッグサイトにて開催されるJAPAN SHOP 2020にて発表されます。そちらにも是非ご注目ください。

細井絵理子
Japan Chapter President

ページ上部に戻る